読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたいなのどうよSSまとめ

後輩ちゃん可愛い。

二等兵(♀)「あっ!軍曹殿っ!えへへっ!軍曹殿発見したでありますっ!軍曹殿ーっ!」

二等兵(♀)「あっ!軍曹殿っ!えへへっ!軍曹殿発見したでありますっ!軍曹殿ーっ!」

 

1

二等兵「軍曹殿っ!どちらにおいでだったのでありますか!ジブンっ、気になって気になって駐屯地内を探し回ってたのでありますっ!」

二等兵「ややっ!軍曹殿っ!なにやら手にお荷物を持たれているご様子!おまかせあれっ!軍曹殿のお荷物は、ジブンが部屋まで持っていくであります!」

二等兵「なぁに心配ご無用っ!ジブンにとってはあらゆるものが訓練であります!軍曹殿のお手伝いができるなら、一石二鳥というやつでありますな!」

二等兵「ではお荷物を拝借……ありゃっ。ななっ、なにをなさるか軍曹殿っ!後ろに隠されてはお持ちできないでありますよぅっ!」

二等兵「なんと!軍曹殿はご自分で持たれると申されるか!……な、なんと部下想いの篤い方でありましょう…!ジブンっ、感動の雨あられでありますぅっ!!」

二等兵「しかぁーし!ここではいそうですかと引き下がればっ!ジブンはきっと後で後悔の念に苛まれるのでありますからして!」

二等兵「ですから軍曹殿はっ!お気になさらず!ジブンを駒使いにすればよいかとっ!さあ軍曹殿っ!手荷物をこちらにっ!」

二等兵「さあ!軍曹殿っ!さあ!さーあ!!」



みたいなのどうよ
ちなみに荷物の袋にはエロ本とオナホが入っているので絶対に渡したくない

 

 

2

二等兵「軍曹殿っ!先ほど同期のものが“ふぇらちお”などというものの話をしていたのでありまして!」

二等兵「なっ!どどっ、どうしたのでありますかっ!……まさかそのミソスープに毒でも……ななな、なんたることっ…!」

二等兵「……へ?あ、違うのでありますか?ほっ……安心であります!軍曹殿の身になにかあったらと思うと、ジブンはとてもとても…」

二等兵「……ああ、それででありますが。聞きなれない言葉だったので、彼女にその“ふぇらちお”とはなにか聞いてみたのでありますが…」

二等兵「なにやらまごまごもじもじとして要領を得ないのでありまして……そうしたら、軍曹殿なら教えてくださると言っておりましたので!」

二等兵「軍曹殿!ぜひこの若輩者のジブンにっ、ふぇらちおを教えていただきたいであります!ぜひ!」

 

 

3

二等兵「え?……“フェラチオザウルス”という恐竜の名前?」

二等兵「なるほど、さすが軍曹殿であります!恐竜の分野にまで明るいとは!ジブン恐悦であります!はい!」

二等兵「しかし……はぁー。彼女は恐竜の話をしていたのでありますなぁ。……○○さん、恐竜が好きなのでありましょうか…。」

二等兵「世の中は分からないことだらけであります。はぁー。」